EVENT

PUNTO PRECOGの最新イベント情報です

  • Pisitakun Kueantalaeng/ピシタクン・クアンタレーング

    真実を問いはじめる時、私たちはそのレイヤーを剥がし、その奥にあるものを掘り出さねばならない。しかし、システムの権力と調和している真実の裏付けを見極めようとするのは難しい課題である。真実は権力の影響を受けて存在するもの、あるいは権力によって生み出されるものと言っても過言ではない。歴史における真実ももちろんそうである。権力、正義、モラルを支配するために、歴史の数々は記されてきた。これらもまた物事をコントロールするための絶対的な力を成す。

    私は人間に歴史を作る機会を与え、歴史を既存の権力から取り戻すことによって、新たな権力を立てることに興味を持っている。この企画の最終段階として、世界中から集めた歴史本を編集し、新たな歴史図書館を作ることを志している。

    When we start to question about the truth, we shall start digging for what’s hidden, deep down in layers. It’s not easy to truly see what’s behind each truth, which connects to the systematic power harmoniously. Therefore, it could be said that truth exists under some kind of power, which influences over or even establishes that truth. This, of course, includes truth about history as well.
    Each history has been written repeatedly, in order to conquer the truth, righteousness, and even morality. These matters, on the other hand, procure absolute power, having things in control.

    I’m, therefore, interested to establish new source of power, by bringing history back to variety groups of people, through building new history within this book, for people to create their own history. At the end of the whole project, I truly hope to compile these history books from around the World and establish a history library.

Back to top