COLUMN

  • PIC_0018

    自分達らしさと、自分が好きと思うエッセンスを入れた自由な発想で作り出すということにこだわりました。

    2018年1月〜4月まで、PUNTOはじめての洋裁店としてお店を盛り上げてくれた「いってき」の皆さん。
    「いってき」は和実さん、潤子さん、あやさんの三名でお店を運営されました。
    今回はメンバーの潤子さんにお話を伺いました。(いってき/重松潤子)

    PIC_0017


    <PUNTOでお店をやってみて、どうでしたか? >

    お洋服を作り始めてまだ間もない自分でしたが、自分だけのお洋服が出来る楽しさにハマり出した頃に、ここを借りる話がありました。

    その頃は、いつかは自分達が心置き無く使えるスペースが持てたら良いなと思っていましたが、プントのスペースを借りられたことで、アイデアを出しながら自分達だからこそ出来るもの、作れるものを生み出すことができました。それをひとに買っていただくというお店を持てるのは、とても嬉しかったです。

    PIC_0015

    <お店を作っていくうえで、こだわったことは何ですか? >

    自分達らしさと、自分が好きと思うエッセンスを入れた自由な発想で作り出すということにこだわりました。

    PIC_0024

    <店主の一日を教えてください>

    好きな時間に行き好きな時間に帰る。
    朝、プントに行き、昼は別の仕事に行き、夜また戻る。
    こんなに熱中したことはあるかな?というくら楽しい一日一日の積み重ねでした。

    PIC_0016

    <お客さんとの思い出を聞かせてください>

    自分が好きだと思うものを作り、それを好きだと言ってくださり、オーダーいただいたことはとても嬉しい思い出です。
    ワンピースや、入園式のスーツをオーダーいただいたりしました。
    また、自分が持っているお洋服の着こなし方ワークショップやお洋服お買い物ワークショップなどもしました。
    衣装作りにも携わったり、多くの方との出会いもありました。
    外国人の方も、とても興味深く立ち寄ってくださいました。

    PIC_0029

    <別府のすきなところはどんなところ? >

    お店を始めたころ、「今度は何が出来るのか?」
    「このお店はなんかえ?」と言って覗いてくれてたご近所さんが、「ずっとここでしたらいいのに」と言って下さるくらい、別府の温かい人情が行き交うお店です。
    ここでお店をしなければ、知らなかった別府の人の温かさを身に染みるくらい感じられました。
    別府は 色んな文化があり 認め合える温かい場所です。

    PIC_0027

    <PUNTOのすきなところはどんなところ? >

    自由にお店の中をディスプレイ出来るところや、
    人が集まり癒され和む場でもあり、また活気があるところです。PIC_0032

    <いま、チャレンジしたいことは何ですか? >

    誰かのとっておきのお洋服を作れるように、自分が楽しいや好きだなのこだわりを繋げていけるように、どんどんチャレンジして行きたいです。

    PIC_0028

    <プントでの経験はどう活かされましたか?今、課題はありますか? >

    引き続き、お洋服を作っています。
    これまでの仕事とはまたがらりと変わった、やっぱり好きだなと思うことを仕事にしていこうと変わりました。そして、「お洋服シェアマルシェ」という会を始めました。

    大分には「変えんかえ~」と物々交換するお祭りがありますが、自分が大好きだったお洋服や誰かの大好きだったお洋服を持ち寄って物々交換する会です。

    お洋服のエピソードも交換しながら、リサイクルショップとは少し違う、お洋服を無意味に買うでも捨てるでもなく、大事に着て行くことが出来たら良いなという取り組みです。

    これから、またカタチも変わるかも知れませんが、良いかたちになるようにしていきたいです。

    PIC_0031

    「お洋服シェアマルシェ」、とってもたのしそうですね!いってきの皆さんの今後の活動にもみなさん、ご注目ください!「変えんかえ~~~!」

    ◎◎◎ いってきで制作されたお洋服をご紹介します ◎◎◎

    ①キャミソール

    プントで始めたばかりの時は、キャミソール作りからスタートしました。ブラの紐が出ない、背中が出ない、安心して着られてチラ見せしてもオシャレなキャミソール。

    PIC_0018

    ②ロングスカート、ワンピース

    そして、ロングスカートやワンピースを作るようになり、可愛いドットのチュニック丈のワンピースを作ったら、可愛いから欲しいと購入していただきました。
    他にも後ろ前の色と生地違いで着られるワンピースや袖がシースルーのワンピースなど作りましたが、その様子をご覧いただいた方から、自分の職場での式典に着るスーツをオーダーいただきました。
    自分のサイズに合ったもので、可愛く長く着られるものが欲しいというオーダーでした。

    PIC_0023

    PIC_0019PIC_0021

    PIC_0026

    ③グリーンのワンピース

    生地が可愛いくて作りましたが、とても似合う方がいてその方のスタイルに合わせて作らせていただきました。PIC_0025

    季節やシチュエーションに合わせて着ていただけるものを作る。
    そうして、自分が楽しめる自分だけのオシャレを楽しめるようになっていけたらいいなと思っています。
    そして、自分だけのお洋服だけど普段何気なく着ていただけて、
    お洋服が1人目立ちしてしまうものではなく、着ている方が惹きたつお洋服作りをしたいと思っています。

     

    PUNTOのあたらしい使い方を実践してくださった「いってき」の皆さん、「いってき」の皆さんの今後の活動がとてもたのしみです!

    「お洋服シェアマルシェ」の情報はこちらからhttps://www.facebook.com/events/833711213494940/?ti=icl

    潤さんのブログはこちら
    https://ameblo.jp/junjun034

Back to top